ブログ

2019.07.22

【4】現在必要な体調管理の認識力生活環境

寝ている時に足が、つりやすい人にオススメしたい!寝室レイアウト

「ただでさえ蒸し暑いのに、寝てるときに足がつって目覚めると、どうにもこうにも、しんどい。」という相談がありました。

ブログテーマ【現在必要な体調管理の認識力_生活環境】から、足がつりやすい人にオススメしたい就寝対策のコツと寝室レイアウトについてお伝えします。

 

寝ている時に足が、つりやすい人にオススメしたい!寝室レイアウト

 

プロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送って欲しい!コンディショニングトレーナーくりきみゆきです。

 

 

夏の夜に足がつる3つの原因

足がつる理由として夢の中で活動していることで筋肉が誤作動を起こしていること。暑さで、掛け布団から足が出ていることで、冷房で足が冷えていること、体に水分が不足していることが挙げられます。

 
 

夏の就寝時の服装でありがちなミス

「足がつる」のは身体の冷えの合図です。ゴムの伸縮性が強く体を締め付けている。お腹・足が見えるほどめくれるゆるすぎる服。短パンなど足が丸見え。くるぶしが丸見えという着衣状態では、血液循環が阻害されます。そこに熱中症予防による冷房が寝ている間に身体を冷やし足がつってしまいます。だから、夏といえど、骨ばった部位は薄手のレッグウォーマーを着る。シャツはズボンにしまう癖をつけましょう。

 

足がつる予防とすんなり寝れる空間づくり

入眠時の体サイクルで発汗で熱を逃がし体温を下げる工程で眠くなる身体の仕組みがあります。しかし真夏の室内は、80-90パーセントの湿度になっています。そのことで身体の熱を逃がしづらいことが寝苦しさを引き起こします。室温を極端に下げるのではなくポイントは入眠1時間前から寝室を、26-28℃温度設定にすること。湿度50パーセント以下に設定してをしておくことです。

 

朝までエアコンをつけっぱなしが気になる場合はエアコンタイマーを3時間でスイッチを切れるように設定しましょう。眠りのサイクルは90分ごとです。90分ごとの深い眠りに入るタイミング前にエアコンが切れると寝苦しくなるからです。賢く空間プロデュースをして寝入りも寝起きも心地よく迎えてくださいね。

 
 

合わせて読んでほしい

 
https://kurikimiyuki.com/archives/522
 
https://kurikimiyuki.com/archives/464
 
https://kurikimiyuki.com/archives/528
 
 
今日お伝えしたいことは以上です。
ではまた―
 
 

匿名質問BOX開設しました。ツイッターで一律お応えしてます。この機にツイッターフォローを

https://peing.net/ja/miyukikuriki?event=0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでは、日々の暮らす中で専門家視点で気になったことを呟いてます!

https://twitter.com/chohappylife_mk/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Instagramでは発酵調味料で簡単味付け。発酵おうちごはんの投稿をしています。

https://www.instagram.com/health.labo.miyu/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebookではTwitterより、長めに仕事や日常生活の出来事からの気付きについて投稿しています。

https://m.facebook.com/miyuki.kuriki.58 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTubeではイベントレポ動画や、Vlog(ビデオ・ブログ)を投稿しています。

https://m.youtube.com/channel/UCXBu0K2pdK74DLE2kT_9ZpA

ーーーーーーーーーーーーーーーー

プロアスリートの体調管理術をアナタにも

コンディショニングトレーナー

くりき みゆき

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<店舗情報>

くりきみゆき健康ラボ

京王線「府中駅」徒歩3

(新宿駅から府中駅まで特急で20分です。)

・営業時間 8時半-20時半

・定休日 不定休

https://kurikimiyuki.com/

府中市、稲城市、調布市、多摩市、小金井市 三鷹市、国立市、日野市、武蔵野市、立川市、 国分寺市、小平市などからお越し頂いてます。プロスポーツチーム、選手寮で新人選手の体調管理自立の為の環境整備をする傍らプロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送ってほしいと東京都府中市拠点に活動中。地域対象にした取り組みで延べ35000名以上の指導にあたる。

 

この記事を書きました!

コンディショニングトレーナー
くりきみゆき

幼少期から30歳までテニス選手として活動した後、引退後はプロスポーツチーム選手の体調管理に関わる「コンディショニングトレーナー」に。現在はプロ野球チーム1球団、陸上種目選手、テニス実業団選手、プロバレエダンサーの専属コンディショニングトレーナーを務めている。その傍ら「この体調管理術をプロアスリートだけでなく一般の方々にも役立ててもらいたい」との思いから、サロンでマッサージの施術を行ったり、自治体からの依頼を受けて健康測定会を開いたり、学校クラブ活動のサポートなどをしている。
植物療法や健康レシピも得意で、調味料から手作りすることも。理想は『魔女の宅急便』のキキのお母さん。

詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP