ブログ

2020.01.08

【1】くりきみゆきの仕事

便秘改善にバレーボール?!基本姿勢に秘められたスッキリ排便のポイント

以前より、当ラボサロンの「腸もみマッサージでおなかスッキリコース」に通われている3名の女性。先日、彼女たちが所属しているママさんバレーの練習を見学してきました。
 
ことの発端は「頑なに便秘。排便があるのは決まって日曜日の朝だけ。」という、3名に共通する排便リズムの問題。ここに便秘改善のポイントがあると、私くりきはにらんだのであります。
 
 
ブログテーマ【くりきみゆきの仕事】から、バレーボールの基本姿勢に秘められたスッキリ排便のポイントについてお話をします。
 

便秘改善にバレーボル?!基本姿勢に秘められたスッキリ排便のポイント

 
 

プロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送って欲しい!

コンディショニングトレーナーくりきみゆきです。

 
 
 

便秘になる理由より、排便がある理由を探る

ご来店されている3人の女性は日頃、フルタイムで働きながら子育てをされているお母さん達です。
 
毎週土曜日、子どもスポーツクラブの練習日時に合わせて、保護者でチーム結成されたママさんバレーを習慣にされていました。
 
学生時代にバレーボール部だったこともあり有意義に過ごされているそうです。そして毎週、この翌日、つまり日曜日に排便があるそうです。
 
 
便秘に悩み来店される女性の多くは、お話しを聞くと「便秘になる原因と思われる生活習慣」を挙げます。
 
しかし体調管理をする上で大切なのは、原因よりも「排便がどのような周期で出ているか」に着目することです。
 
 
例えば彼女たちが、便秘の原因として挙げたのは、デスクワーク業務のため同じ姿勢で運動不足という点。
 
しかしデスクワークを改善するとなると転職しかありません。すぐに解決しない方法は体調管理する上では適していません。
 
 
だから、便秘になる理由より、排便がある理由を解明して、意識的に排便に繋がる方法を実践し、排便日を増やすことの方が現実的な生活習慣の改善を図れる事が多いのです。
 
 
 

うんちを出すことと出産動作は同じ

排便リズムが付けば無意識でも筋肉動作をスムーズに行え、するっと排便が出来ます。しかし便秘に陥っているとこの筋肉動作が、動作音痴になっているケースがあります。
 
うんちを出すことは自律神経の管轄です。1日に3回程度に腸のポンプ発令され上下に揺れ、肛門側にうんちが移動します。自律神経は意識的にコントロールすることはできません。
 
しかし、最終的にうんちを出すために腹圧をかける、連鎖的な筋肉動作は意識的にコントロールができます。

 

腹圧とは、内臓をしまうお腹の中にあるスペースに圧をかけることを言います。
 
「出産の際、子宮口は子宮筋の収縮によって開きます。その後,赤ちゃんを母体外に押出すために子宮の収縮力のほかに母体がいきみ出す動作が腹圧です」と説明をしたところ、
 
「もう出産の感覚は忘れちゃった」とのことでした。笑
 
 

バレーボールの翌朝に必ず排便があった理由

 
私が練習見学をしたことで、予想が確信に変わったことがあります。それは、「バレーボール翌朝に排便がある理由」。
 
それは、バレーボルの一連動作が、排便をする時と同じ筋肉の使い方をしているからです。
 
 
 
 
 
想像してみてください。足を踏ん張り、トスやレシーブを受ける為に姿勢を正しアタックの威力に負けないように、お腹に力を入れます。
 
アタックする時も体を反らしてからボールを打つ時にもお腹に力を入れます。
 
バレーボールは一連の動作において腹圧をかける基本姿勢が動作の軸にあります。更に練習中の一定量の水分補給で腸内の便に水分が含み柔らかくなったこと。
 
それらが理由となり練習の翌朝に決まって排便リズムが起こっていたと予測がつきました。
 
 

現状の生活で出来ることから始めていく

 
彼女たちは、出産時終盤の力む動作は覚えてなくても、バレーボルの動作から腹圧をかけることがどういう動作なのか感覚的にわかります。
 
なので、小まめな水分補給と腹圧をかけるお腹の動作を日常生活に取り入れることをアドバイスしました。
 
 
週末スポーツとしてのバレーボルと、日常的な排便の為の腹圧練習。週1回の日々の体調管理の復習予習を確認しながら排便リズムを促すという、
 
「腸もみマッサージでおなかスッキリコース」を継続して2ヶ月半、排便リズムが整ってきたのがスッキリ見た目でも確認が取れるようになってきました。
 
下記写真は、3品のうちの1人のお腹、ビフォーアフターです。
 
 
 
 

最後に

 
この3人は、もともと運動習慣があった方なので、その運動習慣で身に付いている筋肉の使い勝手を、意識的に行えるようになったことで排便リズムも整いやすかったのだと思います。
 
便秘で悩む女性は世間的に非常に多いです。しかし住んでいる地域や仕事が異なれば、習慣も違います。今その体調がどのようにして起きているのか。
 
今何をすることが体調管理をする上で大切なのか。それには自分の体調の背景を把握をすることから始めることが大切だと気づいて頂けるよう、これからも活動していきます。
 
 

今日お伝えしたいことは以上です。ではまた~

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

匿名質問BOX開設しました。ツイッターで一律お応えしてます。この機にツイッターフォローを

https://peing.net/ja/miyukikuriki?event=0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでは、日々の暮らす中で気になったことを呟いてます!

https://twitter.com/chohappylife_mk/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Instagramでは発酵調味料、シーズニングスパイス作りで、かんたん味付け発酵おうちごはんをご紹介してます。

https://www.instagram.com/health.labo.miyu/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebookではTwitterより、長めに仕事や日常生活の出来事からの気付きについて投稿しています。

https://m.facebook.com/miyuki.kuriki.58 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTubeではイベントレポ動画や、Vlog(ビデオ・ブログ)を投稿しています。

https://m.youtube.com/channel/UCXBu0K2pdK74DLE2kT_9ZpA

ーーーーーーーーーーーーーーーー

プロアスリートの体調管理術をアナタにも

コンディショニングトレーナー

くりきみゆき

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<店舗情報>

くりきみゆき健康ラボ

京王線「府中駅」徒歩3

(新宿駅から府中駅まで特急で20分です。)

・営業時間 8時半-20

・定休日不定休

https://kurikimiyuki.com/

 

府中市、稲城市、調布市、多摩市、小金井市 三鷹市、国立市、日野市、武蔵野市、立川市、 国分寺市、小平市などからお越し頂いてます。プロスポーツチーム、選手寮で新人選手の体調管理の為の環境整備をする傍ら、プロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送ってほしいと東京都府中市を拠点に活動中。地域住民を対象にした取り組みを約18年間続け、延べ35,000名以上の指導にあたる。

 

この記事を書きました!

コンディショニングトレーナー
くりきみゆき

幼少期から30歳までテニス選手として活動した後、引退後はプロスポーツチーム選手の体調管理に関わる「コンディショニングトレーナー」に。現在はプロ野球チーム1球団、陸上種目選手、テニス実業団選手、プロバレエダンサーの専属コンディショニングトレーナーを務めている。その傍ら「この体調管理術をプロアスリートだけでなく一般の方々にも役立ててもらいたい」との思いから、サロンでマッサージの施術を行ったり、自治体からの依頼を受けて健康測定会を開いたり、学校クラブ活動のサポートなどをしている。
植物療法や健康レシピも得意で、調味料から手作りすることも。理想は『魔女の宅急便』のキキのお母さん。

詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP