ブログ

2020.10.19

【1】くりきみゆきの仕事

【陸上長距離でタイムが伸びない】筋肉美フィットネスモデル・減量ブームで引き起こったスランプ~学校法人の事例~

先日、陸上競技種目の部活に力を入れいている大学・学校法人さんの仕事で定例ミーティングに参加してきました。

今回の学校法人さんは、部活OB会の方々が主体にコーチ体制を取られています。

そうした背景からスポーツ現場においても、近年流行しているボディビルなど筋肉美を競う、フィットネスモデルブームに感化されている状況下が伺えました。

 

ブログテーマ【くりきみゆきの仕事選手がタイムも伸び悩んでいるのは、脂質制限が原因かも!?

筋肉痛や脱力感などの疲労回復が遅くパフォーマンスが上がらないと悩む、スポーツコーチさんに知ってほしい。

スランプ時の食事見直しのポイントについてお教えします。

 

【陸上長距離でタイムが伸びない】筋肉美フィットネスモデル・減量ブームで引き起こったスランプ~学校法人の事例~

プロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送って欲しい!コンディショニングトレーナーくりきみゆきです。

 

事前相談でのこと

今回、陸上競技部・長距離走指導担当のコーチから相談されたことは、タイムも伸び悩んでいること。

スランプの発端は、疲労回復のアプローチが巧く反映されていないのではないかということでした。

陸上競技では体脂肪の増加はパフォーマンスに直結する。その為、減量の食事指導に特に力を入れているとのことでした。

詳しく食事法についてお伺いしたところ、コーチの中に以前、フィットネスモデル(ボディビルダー大会)選手をメインに育てる指導者元でパーソナルトレーニングを受けていたとのこと。

その際に教わった脂質制限・食事法を、個人判断で学生選手にも指導応用していたとのことでした。

 

競技が違えば指導視点は異なる

SNSなどで流行しているフィットネスブームは健康法のように見えるかもしれませんが、筋肉美を競う、ボディビルは1つの競技種目です。

競技種目・ポジションが異なれば使う筋肉も違いますし、消耗栄養も異なります。

ステージでポーズをとるボディビル競技と、長距離を走る陸上競技は当然ながら、対極にあるスポーツです。

食事も運動も何か手法を取り入れる時は、必ず種目・体質・生活状況・居住地域の気候環境下など比較して適しているかという視点を持つことが大切です。

 

怪我と持久力は相関している

今回、陸上競技部・選手の現状の体調状態を把握するために、コンディション変動因子分析評価を実施しました。

分析結果から栄養面からはビタミン群が不足。循環器系のリスク要因が目立ち、体内での栄養の役割が成されていない代謝阻害がありました。

 

脂肪はビタミンAやDといった脂溶性ビタミンの吸収を助けるという大切な働きを持っています。
従って、脂肪を摂らないという事はビタミン不足による筋肉痛や脱力感、ストレス性骨折、軟部組織損傷のリスクなど高まります。

さらに、持久力の向上を図るためには、エネルギーの効率的使用が大前提です。

脂肪を活動エネルギーに転化し効率を上げるようにしなければなりません。脂肪代謝に関与するビタミンB2を主としたBコンプレックス(B群全体のビタミン)の摂取。また、その他脂質と糖質摂取のバランスによるホルモン分泌の調整などが挙げられます。

今回の学校法人の事例では、極度の脂質制限が筋肉痛や脱力感といった疲労回復の阻害因子になっていたこと。

さらに有酸素トレーニングでのエネルギー欠如に陥っていた現状がタイムの伸び悩みになっていたことがわかりました。

 

今回携わらせて頂き今後は、オンラインサポートでの、コンディション変動因子分析評価において選手個人に焦点を当て、チーム全体を管理していくこと。

また、チームで行うリコンディショニングと並行して体調管理を徹底していくことになりました。

 

最後に

減量を求められる陸上競技と筋肉美を求めるボディビルダー。一見、脂質制限食は理に適っているように見えるかもしれません。

しかし持久走である陸上競技において、タイムを上げる為にも柔軟な筋姿勢バランスを求められることから、極度の資質制限は非効率かつ、リスクを高めます。

試合も日常の有酸素トレーニングで走り込む段階で、脂肪エネルギー変換の為に水分補給からのスポーツドリンクなどの糖質コントロール。

ビタミンミネラル補給によるエネルギー効率を高めていくことで体脂肪調整いわゆる減量を図っていくことができる競技です。

 

筋肉痛や脱力感などが強く感じる、取れないなどパフォーマンス低下、スランプ気味の時には一旦、取り組んでいるプログラムそのものを見直してみる。

極端な食事制限をしていないか確認してみることをオススメします。

 

今回お伝えしたいことは以上です。ではまたー

合わせて読んでほしい

自由奔放な選手は扱いにくい!集団指導現場で、疲労蓄積しないコーチングのコツ

詳しく見る

栄養消耗を誘発させないストレス解消法で疲労回復を促すコツ~勤務中の珈琲、仕事帰りのビールがやめられないサッカーコーチ37歳事例~

詳しく見る

 

匿名質問BOX開設しました。ツイッターで一律お応えしてます。この機にツイッターフォローを

https://peing.net/ja/miyukikuriki?event=0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでは、日々の暮らす中で気になったことを呟いてます!

https://twitter.com/miyuki_kuriki

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Instagramでは発酵調味料・シーズニングスパイス作りでかんたん味付け発酵おうちごはんを投稿してます。

https://www.instagram.com/miyuki_kuriki/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽天RoomではInstagram投稿内容の延長線で私が愛用している市販の調味料や食品を中心に紹介しています。

https://room.rakuten.co.jp/room_health.labo.miyu/collections#!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebookではTwitterより、長めに仕事や日常生活の出来事を投稿しています。

https://m.facebook.com/miyuki.kuriki.58 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTubeではイベント開催レポや私が意識している「心地よい暮らし」のビデオ日記を投稿しています。

https://m.youtube.com/channel/UCXBu0K2pdK74DLE2kT_9ZpA

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Googleマップ・ローカルガイドでは出張多め&自然散策好きの、美味しい記憶と発見を口コミとして投稿してます。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
Filmarksでは映画鑑賞好きクリキおすすめ!映画レビューを投稿しています。
https://filmarks.com/users/miyuki_kuriki
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー

プロアスリートの体調管理術をアナタにも

コンディショニングトレーナー

くりき みゆき

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<店舗情報>

くりきみゆき健康ラボ

京王線「府中駅」徒歩3分

(新宿駅から府中駅まで特急で20分です。)

・営業時間 8時半-11時半/14時-18時半

・定休日 不定休

https://kurikimiyuki.com/

府中市、稲城市、調布市、多摩市、小金井市 三鷹市、国立市、日野市、武蔵野市、立川市、 国分寺市、小平市などからお越し頂いてます。プロスポーツチーム、選手寮で新人選手の体調管理自立の為の環境整備をする傍らプロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送ってほしいと東京都府中市拠点に活動中。地域対象にした取り組みで延べ35000名以上の指導にあたる。

この記事を書きました!

コンディショニングトレーナー
くりきみゆき

幼少期から28歳までテニス選手として活動した後、引退後はプロスポーツチーム選手の体調管理に関わる「コンディショニングトレーナー」に。

現在はプロ野球チーム1球団、陸上種目選手、テニス実業団選手、プロバレエダンサーの専属コンディショニングトレーナーを務めている。

その傍ら「この体調管理術をプロアスリートだけでなく、スポーツを応援したい人のミカタとなり一般の方々にも体調管理術を役立ててもらいたい」との思いから、サロンでスポーツコーチのストレスマネジメントの体感的学び舎を行っている。

また自治体からの依頼を受けて健康測定会を開いたり、アスリート支援を行う個人・企業・団体さんや、学校クラブ活動のサポートなどをしている。

研究専門は体外環境と生活習性によるコンディション変動因子評価とする。

植物療法や健康レシピも得意で、調味料から手作りすることも。理想は『魔女の宅急便』のキキのお母さん。

詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP