ブログ

2019.11.02

【2】くりきみゆきの話思うこと

劣等感から多忙に追い討ちをかけてる人に伝えたい!〜肩の力を抜いて前向きになれるタスク管理編〜

「頑張っている自分」という評価を自己肯定感に表し、満足度を見いだす。疲労蓄積の傾向が当ラボに訪れる女性に多く見られます。

オーバーワークという負のスパイラルから抜け出し「前向きに自分を好きになる」サポートとして、私が意識していることは、生き方・人生観である体調管理術に沿ったタスク管理をできるようになることをお伝えしています。

今日はブログテーマ【くりきみゆきの話_思うこと】から、頑張らなきゃという焦りを手放したい方が、穏やかな暮らしで充実度を見いだせる学びについてお話しをします。

劣等感から多忙に追い討ちをかけてる人に伝えたい!〜肩の力を抜いて前向きになれるタスク管理編〜

 

プロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送って欲しい!コンディショニングトレーナーくりきみゆきです。

 

子ども時代、充実度の思い出には常に楽しい遊びと美味しい記憶

思い出してください。子どもの頃の充実した思い出。夏休み、プールで遊んで帰ってきた後のスイカ割り。ディズニーランドに行ったときのキャラクター容器のポップコーン。学生時代の充実した思い出といえば部活夏合宿の夜のバーベキュー。

練習で頑張った後の麦茶の喉越しの記憶(笑)デートで行った映画館のキャラメルポップコーン。コタツを囲んで鍋パーティー夜更けまで友達と青春を語った夜。思い出せば出すほど、必ず楽しかった遊びと美味しい記憶がセットに出てくるかと思います。

これは脳の記憶する働きとして記憶は味覚を介すると長期保存されるということから生じます。

遊びという充実度が減ることと、過食の背景が一種の疲労蓄積型となる

社会人になると、働く以外の遊びという部分を疲労で補えなくなっている傾向があります。満たされる部分は五感から満たそうとするので第一に過度な食へ欲求が向きます。

そういった時に注意したいのが、食品添加物やカフェイン、化学化合物のリピート刺激です。これらを摂取することでもう空腹感関係なく依存性をもたらします。

そうして、食べすぎによる消化不良が第一の疲労蓄積のパターンとなります。

充実度を過密スケジュールで満たすオーバーワーク心理

”頑張らなきゃ”という焦りを毎日の忙しさで埋める。”私、頑張ってるよね” 頑張っていろんなこと、こなしているよね”って誰かに認めてもらえるように動いていた。”頑張ってる私すごい”って心の奥の方で思ってた。けれど、涙とともに出てきたのは”私、まだ全然頑張れていない”でした。引用:管理栄養士:今井幸恵さんブログよりhttps://ameblo.jp/mmirnnir/entry-12541399829.html

 

自己肯定感は自分の在り方・存在意義を見出す感情です。生命維持としての最優先事項としての食欲と同等に強い欲求心です。

その自己肯定感を満足度の指針にして、忙しさで埋めること。忙しい物事が心地よいこととは無関係になってしまうこと。

当ラボに訪れる多くの方が、「仕事にやりがいを見出すこと」で、学生時代の遊びという「充実度の役割」を代用していました。

仕事にやりがいを見出すことは決して悪いことではありません。「仕事は大人の遊び」という嗜みの1つです。

しかし目的より行動に、意識が奪われることは、慢性的な疲労から感覚が麻痺します。

五感は自分のカラダを守る為の防衛部隊としての察知力です。感覚が鈍ることは、体調管理のコントロールを失うことになります。

心地よさは感覚を研ぎ澄ますこと。だから充実度は心地よさが指針であることが望ましい。

毎日の忙しなさから日が過ぎ去っていく感覚が早く感じる。学生時代を懐かしむ黄昏時。自己肯定感で満たされ度を確認した時に、悲しくなった瞬間。

これらは、身体の働きとして生命維持装置が働いた合図です。

どんなに感覚が麻痺したと言えど、身体の働きは生命を維持する為に、気づかせる合図を送ろうと送ろうとしてきます。だから気付いた時、自分自身に向き合ってあげることがとても大切です。

満足度が欠落している、オーバーワークの状態から抜け出すには、第一に心地よさを追求することをオススメ致します。

感情を抑制するには思考、理性ではコントロールは困難です。生命維持装置は意思とは無関係にオートマチックで動いているからです。

だから自分の意思で体調管理を調整しようとするならば感覚器から感情を調和する。身体の働きを考慮すると、無理なく回復に向かう調整ができるようになるからです。

 

心地よさの感覚とは

心地よさの感覚とは何なのか。例えるならば、お風呂湯舟に浸かった瞬間の、全身の感覚器が刺激された気持ち良さ。カフェでホットティーを飲む一口目に味わう、ホッとする感覚。

風が吹き抜けていくときに風を肌で捉える時の心地よい感覚。夕暮れ時に暁色に染まる景色に安らぐ時。休息を得るときの何か動作をするときの第一感覚が心地よさと言えます。

忙しなくしていると歩みを止めると置いて行かれそうに心配になりますが、心も身体もおお喜びです。

マッサージを受けた時に力を入れているつもりがなくとも「力を抜いて下さいね~」と言われた経験があるアナタは感覚器が慢性的な疲労から鈍感になっています。

だから心地よさという感覚を味わうことを意識することが大切なポイントです。肩の力を抜いて前向きになれる指針となります。

 

肩の力を抜いて前向きになる為に先ず始めること

今日は月初めです。年末年始に向けてスケジューリングをするかたが多いかと思います。

タスク管理をしていく順番は第一に、やりたいこと(人生観)・心地よいと想えること(休息)その上で、ストレスフリーな配分で、仕事の予定を組んでいくことを心がけて下さい。

 

今日お伝えしたい事は以上となります。ではまた〜

 

匿名質問BOX開設しました。ツイッターで一律お応えしてます。この機にツイッターフォローを

https://peing.net/ja/miyukikuriki?event=0

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Twitterでは、日々の暮らす中で専門家視点で気になったことを呟いてます!

https://twitter.com/chohappylife_mk/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Instagramでは手作り発酵保存食・発酵調味料を中心に発酵おうちごはん備忘録を投稿しています。

https://www.instagram.com/health.labo.miyu/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

facebookではTwitterより、長めに仕事や日常生活の出来事からの気付きについて投稿しています。

https://m.facebook.com/miyuki.kuriki.58 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

YouTubeではイベント開催レポや発酵おうちごはんレシピ動画を投稿しています。

https://m.youtube.com/channel/UCXBu0K2pdK74DLE2kT_9ZpA

ーーーーーーーーーーーーーーーー

プロアスリートの体調管理術をアナタにも

コンディショニングトレーナー

くりき みゆき

ーーーーーーーーーーーーーーーー

<店舗情報>

くりきみゆき健康ラボ

京王線「府中駅」徒歩3

(新宿駅から府中駅まで特急で20分です。)

・営業時間 8時半-20時半

・定休日 不定休

https://kurikimiyuki.com/

府中市、稲城市、調布市、多摩市、小金井市 三鷹市、国立市、日野市、武蔵野市、立川市、 国分寺市、小平市などからお越し頂いてます。プロスポーツチーム、選手寮で新人選手の体調管理自立の為の環境整備をする傍らプロアスリートの体調管理術を一般の方にも広め健康でHAPPYな毎日を送ってほしいと東京都府中市拠点に活動中。地域対象にした取り組みで延べ35000名以上の指導にあたる。

 

この記事を書きました!

コンディショニングトレーナー
くりきみゆき

幼少期から30歳までテニス選手として活動した後、引退後はプロスポーツチーム選手の体調管理に関わる「コンディショニングトレーナー」に。現在はプロ野球チーム1球団、陸上種目選手、テニス実業団選手、プロバレエダンサーの専属コンディショニングトレーナーを務めている。その傍ら「この体調管理術をプロアスリートだけでなく一般の方々にも役立ててもらいたい」との思いから、サロンでマッサージの施術を行ったり、自治体からの依頼を受けて健康測定会を開いたり、学校クラブ活動のサポートなどをしている。
植物療法や健康レシピも得意で、調味料から手作りすることも。理想は『魔女の宅急便』のキキのお母さん。

詳しいプロフィールはこちら

PAGE TOP