くりきみゆきとは

引退後の活動

 

1.テニス普及活動

選手を引退する前後から、テニス普及活動を兼ねた生活習慣病予防の地域スポーツ振興として行政から依頼され三鷹市、小金井市、府中市を中心に都内、全国各地の小中学校を飛び回り指導に当たっていました。

 

 

2.プロアスリートの体調管理

引退後、間もなく、テニス実業団関係者から、お声がけ頂きジュニア選手の保護者に対し指導するコンディショニングトレーナーとして携わることが決まりました。選手時代はやってもらっていた側でしたが、今度は提供する立場になり、自分がしてもらいたかったことを思い出しつつ、ライフステージに応じた家庭でケアを出来る体調管理のお手伝いをしました。

また次第に体調管理は栄養管理、運動などの生活習慣だけに留まらず体外の環境下ストレスによる健康被害を考慮するようになりました。分子矯正医学、環境予防医学、建物生物学、電磁波などに研究意欲の矛先が向き医学博士のもと研究、習得する流れで、ある球団から誘いを受け選手寮での体調管理のお手伝いをさせて頂くようになりました。

 

 

3.「植物療法」との出会い

自身に酸化亜鉛アレルギー、電磁波過敏症、化学化合物過敏症があることもあり、コンクリートな環境である都心より土や木々が広がる自然環境で過ごすことが楽で野遊び、キャンプなどが幼少期から好きでした。

選手引退後は「植物療法」に興味を持ち、植物療法が盛な国に学びにいきました。その度に手作りコスメや発酵保存食への活用などを習得する旅巡りをしています。日本ではあまり盛んではない、自然植物100%のみを使った手作りコスメや調味料の仕込み方をセミナー等でお伝えすることが増えました。自身もこれらの時に知識を得たおかげで、心穏やかに過ごすことが出来ています。

 

 

4.一般の方に「体調管理」を普及させる活動をスタート

上記1と2はアスリートの為の活動、3は自分自身と同じような境遇にいる方、興味がある方の為の活動、そして最後に、長年私が携わってきている「体調管理」という技術を、一般の方にも広めたくて、様々な活動をスタートさせました。2012年から自宅で開いているサロンを始め、セミナーを行うようになり現在は通信講座を準備中です。

 

5.地元、府中市を盛り上げる活動をスタート

市民自らの企画で地元を盛り上げ、市民自らが楽しく暮らし、地域内での繋がりを生むことが、様々に絡み合っている課題を緩やかに解決していくのではないか…という希望のもと、「act634府中」と名付けたプラットフォーム(枠組み)としての市民団体を市内友人たちと2017年に立ちあげ活動参加しています。

さらに健康に府中市で暮らすセルフケア・スポーツを通じて同世代の大人になってからの友達づくりの環境という「けんこう促進部Fuchu」と名付けた市民団体を同様に立ち上げました。興味が同じだと3倍仲良くなるのが早いということ。

1人では想っていても中々変えられないことも皆で行動すれば道筋が見えてくることを実感。それら企画を通じて運営メンバーが自ら楽しみ成長することを大事に想ってプライベートにて行動しています。

 

PAGE TOP