くりきみゆきとは

アスリート時代

 

1.テニスを始めたのは、保健室の先生のススメ

幼少期から嗅覚と聴覚が敏感。人混みなどの会話全てが詳細に耳に入ってきて目の前の人との会話と周りの会話と情報整理に疲労困憊。人混みをさけて過ごしていた時に保健室の先生のススメでテニスを始めました。テニスは打音と選手の動作音と他の競技に比べ静かなスポーツ。耳のストレスもなく聴覚からの音の聞き分け集中力に良いという理由からでした。

球技などは音ストレスに悩まされ楽しいけれど疲れる。結果テニスと水泳のみ心地よく楽しめた結果、水泳は20歳まで続けテニスは30年近く愛好スポーツとなりました。

 

 

2.テニスが一番楽しかった専門学校生時代

現役オリンピック代表帯同トレーナーの講師陣が集う専門学校に自らのコンディションの為の知識力向上。選手生命を長く楽しむ為に選んだ進学先。故に部活動は強豪チームというワケではありませんでした。

しかし、そこで出会ったのは人間味のある先輩陣を先頭に積極的に入部勧誘活動をして沢山の同期生が入部。ともかく私はお世辞なしで、とても人脈に恵まれました。ともかく一緒に過ごしたいという想いから週2回の部活動以外のすべての学業時間、休みの日もほぼ365日共に過ごしていたと言っても過言ではない生活を常にテニスの練習を通じて過ごしていました。

私を含め2名を除き硬式テニスは未経験者。自らが指導者の立場に立ち皆で成長していく中、入学半年後の関東大会で優勝。秋季リーグで3位。全国大会に出場。ベスト16の結果を残す快挙を得ました。卒業後、後輩の部活動に変わらず集う卒業生の集まりの良さ(笑)夏合宿にも卒業後6年連続で集う仲間たち。とても充実した宝物のような楽しい時間でした。卒業17年来現在も頻繁に連絡を取り合っていている大切な親友たちです。

 

 

3.徐々にプレッシャーとの闘いになっていたパラレルキャリアとしてのプレーヤー時代

卒業後、実業団(テニススクール)に属し、試合に出させてもらう代わりにテニスコーチとして働いていました。社会人になった時もテニスがしたい。ただ純粋な本望にまっすぐに生きていました。

学生時代とは違った負担。コーチとしての練習。プレーヤーとしての練習。身体能力向上トレーニング。そして年間ツアーを回ると国内であっても7桁の遠征費用がかかるテニス生活。コーチ業では賄いきれず、副業もしていたので徐々に疲労蓄積とともにテニスに支障が出てきてうまく調整がきかず苦しむようになりました。その頃からテニスだけに意欲が向いていたのが次第に体調管理の必要性に駆られ学び活かす生活を続けることに意欲が向き始める、きっかけとなりました。

 

PAGE TOP