オンラインスポーツ栄養マネジメント

栄養マネジメントで、わかること。

 

 

step1.あなたの栄養状態を把握

病気に備える身体に必要なミネラルビタミンの必要量がわかる

欠乏している順に表記される栄養素の欠乏レベルと充足概況。身体の中に本来あるべきビタミン・ミネラルを揃え病気に備える食生活の目安として活用いただけます。

 

予測される病気になる要素を知り予防が図れる

このままの欠乏栄養状態が続いた場合、危惧される疾患要素を提示します。

 

栄養管理の効率を図る為に直すとよい生活習慣がわかる

目的に応じた栄養バランスを考慮しているのに栄養を摂っている目的が達成されない。

意識している栄養が身体の働きの中で他の理由で消耗されてしまっている要因を提示します。

 

例えば疲労回復の為にビタミンを意識した献立にしても風呂上りにビールを飲んでしまった。

そんな時はアルコールを代謝する為にビタミンが使われてしまったなんてことになっています。

 

そういった生活習慣を改善していく目安として活用いただけます。

 

栄養の吸収を高める食べ合わせ(栄養)がわかる

微量栄養素相乗作用、拮抗作用。同時に摂ることで欠乏栄養素が体に吸収代謝されやすくする栄養素の提案いたします。

栄養素は単品ではなく食べ合わせが大切です。

献立を立てる上で食材の組み合わせの栄養目安として活用いただけます。

 

step2.あなた専用の栄養処方を査定

 

スポーツリスクマネジメントにおける体重管理ができるようになる

アナタが申告された体格数値と生活習慣での運動強度からスポーツ障害の予防観察として理想体重と維持管理すべき体重などの目安にご活用いただけます。

 

最後まで走り抜ける!計画的なエネルギー摂取の食事調整ができるようになる

蛋白質・脂質・炭水化物の効率的なエネルギー配分比を摂取カロリー、食べ物摂取.重量で表記します。

そのことにより試合でも最後までバテない体力の動力として必要なエネルギー確保の献立配分量目安として活用いただけます。

 

計画的な、たんぱく質源の献立レパートリーが組めるようになる

たんぱく質のうち摂ると良い植物性と動物性のバランス対比エネルギー(KCal)割合について提示します。

お肉お魚などの動物性、豆腐納豆などのお豆系、お野菜穀類などの植物性のタンパク質のレパートリー頻度目安として活用いただけます。

 

 

1日のなかで計画的に食事、補食など食べる量の配分調整が出来るようになる

総エネルギー摂取量に対して朝昼晩・間食での食事量の割合とカロリーについて提示します。そのことにより1日の食事量の目安に活用いただけます。

 

計画的な水分補給が出来るようになる

体から尿排泄・肺排泄・皮膚排泄から失われる水分量と食事・水分単体での補給量について提示します。

そのことによりあなたのライフスタイルや体調に応じた水分補給の目安に活用いただけます。

 

栄養バランスが崩れない道標がわかる

総カロリーから実際の食事で摂る各食材ごとの摂取カロリーと食群一覧からの摂取量を提示します。

そのことによ食材、調味料など、おうちごはん調理・外食での栄養バランスの目安分量として活用いただけます。

※食群(乳製品・卵類・肉魚類・豆製品・野菜・芋類・果実類・穀物・砂糖・油脂)

 

 

身体的なハイパフォーマンス獲得の阻害要因がわかる

分析の結果、栄養改善を成されなかった場合、予測できる限りの予防医学の見地からこの先、アスリートのハイパフォーマンス獲得として必要かつ重要なスポーツリスクマネジメントについて提示します。

そのことによりスポーツ障害やスランプを回避予防する目安に活用いただけます。

 

ハイパフォーマンスを助けるサプリメント等についてアドバイス

競技種目、リーグ期、休養期など期間状況に応じた栄養補給の基本的な考え方についての解説をします。

その上でベースとなる栄養機能成分のほかハイパフォーマンスをサポートする栄養補助食品について明記していきます。

サプリメントは食事の補助ですが今はものすごく足りていないからサポートアイテムとして参考にして頂きたいサプリメント種類とサプリメントの解説を追記致します。

サプリメント等を摂取される場合は用途・素材・含有量・価格などを総合的に判断されてご活用されますことをアドバイスとさせて頂きます。

 

step3.コンディション管理自立のために学ぶ

 

欠乏栄養素と不定愁訴(なんとなく不調)の関連性を学べる

欠乏が分析された栄養素に関して申告された不調・不定愁訴内容と照合して解説一覧。

生理作用の解説を知ることでアナタが訴えるストレス・不定愁訴(なんとなく不調)と関連する栄養素の身体の働きでの役割を学ぶことが出来ます。

 

1例として「イライラしている」のは「カルシウム」が足りていないのでは?と何気なくしている会話に、「カルシウム」の働きとして「神経伝達の正常化に関与する」という「生理作用の解説」を追記することでアナタが「そうなんだ」「だからなんだ」という納得がうまれ栄養管理の自立性を促します。

 

栄養素の身体での役割を学べる

自己申告頂いアナタのストレス、不定愁訴(なんとなく不調)に関連する栄養素が持つその他の身体の働きでの役割を知ることで今後の栄養学的フィジカル・コンディション管理に役立てることができます。

 

step4.「かんたん」だから、始められる♪

 

もう買い出しに悩まない!献立決めの食材推奨一覧表

「栄養で勝ちに、こだわる身体能力を準備する」献立を立てられるようになるための手引き。

アナタの足りていない栄養素を含有する食材名を従来の100g単位でなはく通常1食に食べる量(栄養含有量・グラム・目安)に換算表記します。含有量の多い順に10食材を表記したアナタの為だけの献立食材戦略表を作成します。

 

あとは旬や食べたい献立に食材を選択して調理をするだけです♪

 

 

PAGE TOP