プロアスリートの体調管理術とは

私がやっていること

 

1.プロアスリートの体調管理に携わっています

当ラボはコンデション変動因子の分析と評価を専門にアスリートの体調管理サービスを行っています。

現在プロ野球チーム、実業団、学校法人の選手寮における環境整備を請け負っています。

 

2.「今どのような状態なのか?」を見極めるのが私の役目

タイムレスなしに選手の今現在の体調を把握した結果「どう対処するか?」は献立を決める管理栄養士さん始め、様々な役割の方が担って下さいます。

しかしその「どう対処するか?」を決定する為に不可欠な「今どのような状態なのか?」を見極めるのが私の役目です。

当ラボが専門とするコンディション変動因子分析評価というのは、生活環境下における体調変動の原因を明確化。

その上で身体の働きと体調を変動させる原因の相関性から体調構成を学びとって頂くこと。そして目的に応じた体調管理の環境整備に繋げていきます。

3.体調変化の要因

 

体調の変化には大きく2つに分かれています。1つ目は生まれ持った体質により、合う合わない状況で左右される遺伝子要因が30%。

2つ目は生活している環境や、生活習慣といった個々に異なる、生活環境要因が、70%影響しています。

これらのうち、私は生活環境要因から体調を定期的に分析評価することを、健康保持を図る為の指針データとして位置付けています。

 

4.生活環境要因の分類

 

生活環境要因の分類は大きく分けて4つあります。

仕事(種目・ポジション)が変われば生活習慣や疲弊も異なると言った種目別アスリートの職業習性。

全身へ水、栄養や酸素を運ぶ血流、血管の健康力と内臓の働きやすい環境を整える筋温、筋機能。

気候変化や不足栄養による体の働きへの影響。

各体調変化の因子とされる事柄が、何故発生したのか相関的に関連性を検査分析評価をします。 

予測できる限り現状の身体のリスクつまり体調の変化を可視化していく。

身体の働きを阻害することなく、外部環境変化の対応力を身に付ける生活環境改善を図ること。すなわちこれを体調管理するということです。

競技者自身と指導者が、成長意欲、幸福度、集中力が低下したなどの感情、気分変化や、体調変化が起きた時に何故変調したのかを知ることができます。

 

個に焦点を当て集団(チーム)を管理する

選手個々に向き合ったオーダーメイドの体調管理をした上での統計。集団生活におけるそのチーム選手の「癖」が統計から現れてきます。

個人に焦点を当て、全体を管理する方法をチームに改善提案をしています。

 

具体的には、寮の食事献立づくりに栄養管理の反映。環境生態リズムを習慣化の措置として1日の行動予定表などの寮規則や選手としての心得(教訓内容)への反映。

疲労回復を軸に身体の働きが活性化しやすい施設管理の設定への反映といった練習の効果を最大限引き出す為の環境整備に役立てる情報をオーダーメイドで提供しています。

 

5.より多くの方に体調管理術の必要性と有効性を知ってもらうために

今私がやっていることは、上記1の他に「サロン運営」「栗城ゼミ開催」「アスリートを対象とする企業さんへの体調管理サポート」「市民活動への参加」等があります。

これらは全てより多くの人に体調管理術の必要性と有効性を知ってもらうためです。

プロスポーツチームと異なり一般のスポーツ現場では専門スタッフが揃っておらず、1人2、3役を熟さざる負えない状況です。

スポーツコーチは専門外の業務まで抱えストレス疲労による、健康被害でドロップアウトしてしまう社会問題があります。

また、メディカルトレーナーさんが運営する鍼灸院さんを始めとしたお店を営むアスリートを支える専門家さん達もまた同じ状況下が伺えます。

私自身もプロスポーツチームの専門家体制なく、単独で体調管理術を実際的な生活への適用を普及させるのは困難です。

しかし街なかのアスリートを対象とする企業さんのサービスに+α体調管理サポートを組み合わせることでプロスポーツチームに近しいサポートを一般のスポーツ現場に普及させることが出来ると考えています。

アナタの専門サービス強化に加えて選手のセルフケアとして体調管理の自立を適応させること。

業務提携と言った協力関係を結べるご縁を繋ぐことで、スポーツコーチ業界のストレス軽減につながること。そしてスポーツ現場へのサポート充実へ導くことが私の願いです。

プロアスリートが実践しているものをより分かりやすく、一般の方が実践しやすくアレンジを加えてお伝えしています。お気軽にご相談下さい。

 

コンディション変動因子分析評価のご案内

https://kurikimiyuki.com/online

 

プロアスリートの体調管理術とは

PAGE TOP